費用について

ご紹介するに辺り、一番多いご質問は、地域・・・そして費用。
ご入居される場合に初期費用や、毎月必要になる費用など、一概には伝えられませんが一部をご紹介いたします。

有料型の老人ホームの費用について

有料型の老人ホームの費用につきましては、
「入居一時金」と「月額費用」に分けて考えることが必要になります。

入居一時金につきましては、有料型の老人ホームによってそれぞれに金額に違いがあり、 金額の低いものですと0円から施設のランクによりましては1億円以上必要な施設も御座います。
入居一時金は老人ホームにより違いがありますが、償却期間があり、毎月少しづつ償却して行く形となります。
「返還金制度」という制度があり償却期間内に入居者が、中途退去した場合には未償却分は返還金として戻ってきます。

月額費用につきましては、「居住費」「管理費」「共益費」「水道光熱費」「食費」「医療費」「介護保険の負担額」などがあります。
これらを合計した金額が月毎に必要な費用となります。

ご入居を考えた際に資金について考える際には、「入居一時金」と「月額費用」の両方を見ながら、 どのくらいの期間を想定し、いくらぐらいが必要なのかを計算し検討する必要があります。

地域性や、介護の度合い、施設のサービスの違いなどによって表現の仕方や金額の表記が違うため比較しづらい部分が多くございます。

サービス付き高齢者向け住宅の費用について

サービス付き高齢者向け住宅の費用につきましては、「敷金・礼金」と「月額費用」に別れます。
敷金と礼金につきましては、一般的な賃貸契約を行うときに発生するものと同等のものになります。
金額は、低いものになりますと0円から施設のランクによりましては数百万以上必要になる施設もございます。

月額費用につきましては、有料型老人ホームと少し変わり、
「居住費」「管理費」「共益費」「水道光熱費」「介護保険の負担額」などがあります。

グループホームの費用について

グループホームの費用につきましては、「入居一時金」と「月額費用」と有料型老人ホームとおなじになります。
入居一時金につきましては、有料型老人ホームのように高額になるケースはありませんが、 金額が低いものになりますと0円から数百万円必要になるものが御座います。

月額費用につきましては、
「居住費」「管理費」「共益費」「水道光熱費」「食費」「雑費「介護保険の負担額」などがあります。

グループホームは地域密着型サービスになりますので施設と同じ市区町村内に住民票がないと入居することができません。

有料型老人ホームと比較すると定額で入居できるため、希望者が多く入居待ちになる可能性が高い施設となります。

知多・三河老人ホーム相談センター専用ダイヤル