老人ホームの種類

老人ホーム・介護施設にはいろいろな種類があります。
公共施設、民間施設、目的、費用さまざまです。どのような違いがあるのかわからないという方が大半なのではないでしょうか。
ご利用者様の状況、介護をされているご家族の状況などによって適切な老人ホーム・介護施設があります。
ご相談がありましたら知多・三河老人ホーム相談センターまでお問い合わせ下さい。

多くご質問を頂く老人ホームのご紹介

分類 内容
特別養護老人ホーム 身体上または精神上著しい障害により、常に介護が必要な状態で、居宅において適切な介護を受けることが困難な 原則要介護3以上の認定を受けた65歳以上の方の入居を対象とする施設です。
事業主体は、地方公共団体や社会福祉法人で、入所は各市区町村の入所検討委員会が決定します。
介護老人保健施設 入院の必要がなく病状の安定した要介護者へ医療や看護、リハビリや介護を提供する施設です。
ただし、そのサービスは在宅復帰を目的としたものである為、終身制ではなく入所期間は3~6ヶ月となっています。
グループホーム 認知症高齢者で自立した生活が困難な方が少人数(5~9人)で介護や支援を受けながら、食事の支度や掃除、洗濯などを スタッフと共に共同で行い、出来るだけ家庭に近い環境で共同生活を送る施設です。
有料老人ホーム 介護付、住宅型、健康型と種類があり終身介護に対応している施設から健康な方のみを対象とした施設など 各施設の設備に違いがあります。
入浴や排泄の介助、食事の提供、介護等日常生活を送るうえで必要な介助、イベント・レクリエーションなどを行います。
サービス付高齢者向け住宅 24時間常駐スタッフが見守りと生活相談を提供し、心身に不安を抱える高齢者が安心し住み慣れた地域で生活を送る事ができる施設です。
知多・三河老人ホーム相談センター専用ダイヤル